SF、コメディ、社会派映画&DVD,TV番組等の紹介&批評 MOVIES-FROM-MARS 更新履歴 サイトマップ アンクルマツ
movies-from-mars
ムーヴィーズ・フロム・マース
レッド・オクトーバーを追え
THE HUNT FOR RED OCTOBER
コンテンツ
トップページ
SF映画・近未来
コメディ
怪奇物・ホラー
コメディ
社会派
音楽物
欧州映画
動物
TVシリーズ
刑事・アクション
レース・車
映画&DVDブログ
更新履歴
レッド・オクトーバーを追え(1990年米国パラマウント)
 軍事小説の代名詞とも言えるトム・クランシーの代表作の一つであり彼の作品の初の映画化作品であるのがこの「レッド・オクトーバーを追え!」だ。
映画が公開されたときは賛否両論があったが、批判側は原作に対する批判に近いものや重箱のスミをつつくようなものが多く、ほとんどが粗探しといった趣であった。ストーリーの中心にあるのはあくまでも冷戦時代を背景としたものであるために現在の情勢とは相当違いがあるのがちょっとした欠点であるが当時の冷戦時代を知る世代にはなんともいえないものがあるのではないだろうか。日本でもソ連将校のミグ25を使った亡命事件があり背景としては類似するものがあるためその辺りまでの理解があれば相当楽しめる映画ではないかと思う。共産主義の簡単な馬鹿馬鹿しさも描かれており、教育によっては人間の思想というものがいかようにも返ることが可能であるということを示唆する内容もあり国家主義というものの致命的な欠陥を伺い知ることことも出来る内容だ。主人公のショーン・コネリーは完全にこの映画の中心としての貫禄と自由を追い求める人間、そして家族を失った人間をうまく表現しておりちょっとした深みを与えることに成功している。共演としてこの原作の主人公である「ジャック・ライアン」を演じたアレックス・ボールドウィンも若々しい元海兵隊の隊員であるCIA局員をエネルギッシュにかつ知的に表現することに成功している。この後シリーズ化するジャック・ライアン物はこの作品だけなのだが最も原作で描かれている主人公像を最もうまく表現していると評価する向きもある。潜水艦という閉鎖的空間を見事に描いている点も見事だ。空間に存在するメカニズムも最新鋭の潜水艦の戦いと緊迫感を与えることに成功している。一つだけ難をいえばロシア語で会話していなければおかしいところが英語での会話になっているところだろう。まあこんな些細なことは気にしなくとも充分に人間の感情の動きを綿密に表現していることは間違いない。戦闘シーンのリアリティは大規模な模型を使った実写なのだが役者の凄さと丁寧な撮影で最高の緊迫感をもたらしている。落ちもなかなかいけているし結構小粋なしゃれの効いた映画のような気もする。戦争物、スパイ物が好きな人にはお勧めの最高の部類に入る映画でしょう。
キャスト・出演者
監督 ジョン・マクティアナン
出演 ショーン・コネリー、アレックス・ボールドウィン、サム・ニール
スコット・グリン、ジェームズ・アール・ジョーンズ
SF映画・近未来
レッド・オクトーバー
ニューヨーク1997
ソイレント・グリーン
浮遊機械都市ボーグ
アンドロメダ
(C)2007 uncle−matu.com